創業明治二年 老舗青果店(八百屋) 八百重

新着情報  今月の珍味  プライバシーポリシー

  • お問い合わせ 0120-48-8121

    〒951-8063  新潟県新潟市中央区古町通8-1450

  • メールフォーム
  • FAX注文用紙

旬の野菜・果物

ホーム»旬の野菜・果物

「フルーツトマト」 白根

6月に入ると 新潟県内 トマトの収穫がどんどん増えてきます。

桃太郎 アイコ ・・・・ などなど 様々な形や色

だれだれさん家の トマト農家さん 新潟にはたくさんいらっしゃいます

 

豊栄地区のトマト産地は県内でも有名ですが

おすすめは 白根の「フルーツトマト」 

あまーい うまーい!

「カリフラワー」「スナックサヤ」

この季節 ぞくぞく 地場採りたて野菜が入荷いたします

「カリフラワー」

「スナックサヤ」

「ブロッコリー」

「サヤ豆」

「こまつ菜」

珍しい野菜ではありませんが 地野菜なので鮮度抜群

サクサク  ボリボリ  ポキポキ

お口の中で 音が聞こえてきます

「そらまめ」 新潟市

入荷しました

 

初夏の味覚「そらまめ」 最盛期は6月

そらまめの名の由来は サヤが空に向かって実ので

「空豆」

「天豆」(テンマメ)と言われております

 

定番は塩ゆでです その方の固さ好みはありますが

少し柔らかめに茹でると ほのかの甘さとやわらかな

口当たりが美味しさを引き立てます

初夏を感じる そらまめの緑をいかし スープや飾り

野菜の一つとして添えてはいかがでしょうか

 

食べる分だけ サヤからむき 残りは密閉袋にいれ

冷蔵庫保存 鮮度が落ちますので2から3日で食べ

てください

「アスパラガス」 新発田 津南

昭和62年頃から葉たばこ畑や遊休畑を利用してアスパラガスの栽培が始まりました。年々栽培面積が大きくなり、現在は新潟県内での一大生産地になりました。

土作りにこだわっているので 太くて柔らかい美味しいアスパラが育ちます。毎年5~6月には新発田市で「アスパラ横丁」を開催。市内の料理店が参加してアスパラのアイディア料理を」提供してます。イメージキャラの「アスパラくん」に会いに来て!

豪雪地帯で有名な 「津南」もアスパラの産地です。こちらは高原なので6月が最盛期をむかえます。キャベツ、とうきび、これからぞくぞく津南産が入荷いたします。

「弥彦むすめ」 枝豆

新潟は枝豆の作付面積が全国一

しかし、出荷量は全国の5番目より下

これは 「新潟県人は枝豆が大好き 美味しいから

たくさん食べちゃいます」

今年も 枝豆の時期 がはじまりました。

 

トップバッターは ゴールデンウィーク明けから出荷される 「弥彦むすめ」

弥彦むすめが出回り始めると 新潟県人は今年も枝豆がはじまったね

と 挨拶言葉になってます

弥彦むすめ」は 枝付き根付きの姿で出荷されます

 

5月下旬の最盛期 6月で終わり

7月出荷の「おつな姫」 7月末の「黒崎茶豆」

9月頃まで 多種品種が出荷されます

 

中でも 新潟ブランド「黒崎茶豆」は気候と土壌に合うよう 何度も品種改良され

独特の香りと甘み 実を8分で収穫することにより

触感の良さが特徴です

 

新潟枝豆の特徴は いい品種 たくさんの種類 5月から始まって半年

それぞれの美味しさが 違いますので 飽きさせません

是非 味わってください

 

 

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。